top of page

投資と投機の違いとは?目的と手段をしっかり決めよう!

更新日:2023年3月23日

資産を増やす方法「投資」と「投機」には、明確な違いがあります。メリットやデメリットを把握して、どのくらいリスクを取れるかを考えて、投資や投機を慎重に選択しましょう。


本記事では、投資と投機の違いについて解説します。


目次



 

投資と投機の違い

 

投資と投機の大きな違いは、目的と期間です。

投資の目的は、売買による値上がり益(キャピタルゲイン)を得ることのほか、長期で保有することで得られる(インカムゲイン)を得られることです。インカムゲインとは、株であれば配当金・株主優待、不動産であれば家賃収入等で利益を得ることです。


一方、投機の目的は、投機先の価格が上がるか下がるかを予想して値ざやによる利益を得ることを目的としています。例えば、FXや仮想通貨等に資金を投じることです。


投資は、長い目でコツコツとお金を増やしていき、投機は短い期間で大きな利益を得ようとするものです。


 

投資とは

 

「投資」とは、資産にお金を投じることです。ゆっくりだけど着実に資産を増やしていくものだと思ってください。例えば、株式投資で考えると長い目で見て株式市場全体が成長すれば、投資した人全員の損益は全体でプラスになります。

つまり、投資の成績が平均点であっても利益が期待できるため、投資は「プラスサムゲーム」とも言われます。


・投資のメリット

投資のメリットは、複利効果が得られるという点です。複利効果は、投資資金の運用によって得た利益をさらに運用することで利益を大きくしていくことです。投資信託のような分散投資と併せて長期で運用すれば、リスクを分散しながら資産を増やしていくことが可能になります。


・投資のデメリット

投資のデメリットは、必ずしも利益が出るとは限らないという点です。企業の成長や株価の上昇を期待して投資をしたにも関わらず、株価が上がらなかったということも起こります。売却のタイミングによっては、損失が出てしまうこともありますので、投資をすることで絶対に資産が増えるということは無い点を理解することが重要です。

投資は、投資先の発展や経済成長へつながり、その恩恵を投資家は受けることができます。企業の利益や将来の成長は短期間で達成できるものではな炒め、投資により資産を増やすには、結果が出るまで長い時間を要すると考えておいた方がよいでしょう。


 

投機とは

 

「投機」とは、機会にお金を投じることです。短期的に利益を狙って取引を行うものだと思ってください。例えば、企業の成長や国の経済政策とは関係なく、その瞬間の一時的なニュースなどに反応する値動きを追って売買をします。そして、ある程度利益が出たところで、その価格の差額を収益とします。なお、投機をする投資家は投機筋と呼ばれ、株式、為替、金等の商品を対象に世界の各市場で投機がおこなわれています。


・投機のメリット

投機のメリットは、短期的な利益が期待できるという点です。値動きが数分や数秒のうちに変化するため、タイミングを逃さなければ一日で大きな利益を得られることもあります。


・投機のデメリット

投機のデメリットは、短期的に大きな損失を生んでしまうこともある点です。値動きが激しいため売買のタイミングを誤れば、一瞬にして大きな損失を出してしまうことがあります。

マネーゲームといわれることもある投機では、リアルタイムに値動きをチェックし、取引時間中は常に売買画面に向かうことになります。タイミングによっては、大きな利益を得たり、損失を出してしまったりするため、素早く取引することが必要になってきます。


 

老後の対策は

 

老後の対策としては、「投機」ではなく、まずは「投資」で備えることが適切です。「投資」でも、長期・分散・複利を活用した資産形成を行うことで、老後の不安を解決できるくらいの準備はおこなうことができます。 リスク分散しながら長期で積立をするには、投資信託などの商品がまず最初に取り組むべき運用方法として検討すると良いかと思います。


 

まとめ

 

お金は、私たちが生活するためになくてはならない手段です。だからこそ、お金がどういったものなのかを理解して、上手にお金を活用していくことが大切です。

将来の幸せや老後の対策としては、自分自身が生涯で得られる収入や必要なお金がどれくらいなのかを考えてみましょう。

まずは、毎月の収入と固定費を把握することが重要です。


最近は、金融庁が「貯蓄から投資へ」と言っているように、老後の資産形成には投資が必須の時代です。積立NISAなどを活用することはもちろん良いですが、さまざまな情報や知識を理解した上で、しっかりと自分自身で選択して資産運用していくことが必要になってきます。




Comments


bottom of page