top of page

リスクとリターンの考え方とは?

更新日:2023年4月12日

資産運用において金融商品には必ず、「リスク」と「リターン」があります。ここではリスクとリターンの関係をみてみましょう。


リスクとリターンの関係をしっかりと理解したうえで資産運用を行うことが重要です。


本記事では、リスクとリターンについてわかりやすく解説します。


目次


 

リスクとは?

 

リスクと聞くと、一般的には「危険」という言葉をイメージしますが、投資の世界では、「価格変動の大きさ(ブレ)」を意味します。リスクの大きさは「標準偏差」という数値で表され、数値が大きいほど価格変動が大きく、小さいほど価格変動が小さいことを示しています。


 

リスクの主な種類

 

例えば、資産運用として投資信託を始めるときに考えられるリスクにはさまざまあります。投資信託の価格(基準価額)に影響を及ぼすリスクはさまざまです。


知っておきたい投資信託のリスクとして、次に5つご紹介します。


価格変動リスク

投資信託が組入れている株式や債券の価格が変動する可能性のことです。一般に株式の価格は、国内および海外の経済・政治情勢などの影響を受け変動します。また公社債は、金利変動により価格が変動するリスクがあります。



流動性リスク

市場規模や取引量が少ない場合、組入銘柄を売却する際に市場実勢から期待される価格で売却できず、不足の損失を被る可能性のことです。一般に新興国の株式や債券は、先進国の株式や債券と比較して、市場規模や取引量が少ないため、相対的に流動性リスクが高いと考えられます。



信用リスク

債券などの発行体(国や企業など)が財政難、経営不振などの理由により、債務不履行(利息や元本などをあらかじめ決められた条件で支払うことができなくなる)が起こる可能性のことです。そういう事態が起こった場合やそれが予測される場合には、発行体の有価証券の価格は下落します。最悪倒産すれば投資元本が償還されないという恐れもでてきます。



為替変動リスク

円と外国の為替相場の変動により、外貨建資産の価値が変動する可能性のことです。外貨建資産は、一般に外国為替相場が当該資産の通貨に対して円高になった場合には、基準価額が値下がりする要因となります。なお、投資信託には為替変動リスクを回避することをめざすタイプ(ヘッジあり)と回避しないタイプ(ヘッジなし)があります。



カントリーリスク

投資対象国や地域において、政治・経済の状況の変化によって証券市場や為替市場に混乱が生じた場合、そこに投資した資産の価値が変動する可能性のことです。特に国債などその国の発行する債券に投資している場合は、発行元の国の政治・経済状態は非常に重要です。



 

リターンとは?

 

リターンとは、投資から得られる収益のことです。


リスクとリターンの関係は、表裏一体の関係といえます。「リスクが大きなものほどリターンが大きい(ハイリスク・ハイリターン)」「リスクが小さいものほどリターンが小さい(ローリスク・ローリターン)」という傾向があります。

 

リスクとリターンの関係

 

リスクとリターンは比例します。


リスクを低く抑えようとするとリターンは低下し、高いリターンを得ようとするとリスクも高まります。

したがって、「リスクがなく(低く)、リターンが高い=ローリスク・ハイリターン」の金融商品は基本的には私たち個人投資家には回ってきません。



 

まとめ

 

今回はリスクとリターンの考え方について解説しました。


投資信託は、商品によって投資する対象がさまざまですから、投資信託のリスクやリターンの大きさもさまざまです。したがって、投資信託のリスクとリターンの考え方を理解して、自身の目的に合った投資信託を選ぶことが大切です。


私も実際に投資信託などを資産形成として運用しています。マネーリテラシーをもっと高めたい方や、さらに詳しい内容が知りたい方は、お気軽にご連絡くださいませ。





Comments


bottom of page